ジェネリック医薬品とヒヤリハット

医療業界で働く看護師になる場合、働きはじめる前に知っておきたい豆知識があります。教育課程でもしばしば話題に上がることが増えてきた、ジェネリック医薬品の問題です。ジェネリック医薬品の問題が現場で大きな影響を与えているのは、医師や薬剤師だけではありません。投薬を担うケースが多い看護師にとっても、切実な問題となっています。
薬の名前が違っても、覚えておけば良いと考えてしまいがちです。しかし、有効成分が同じジェネリック医薬品が2つも3つもあることがあり、そのどれもが現場で使用されていることもあります。名前が類似していて、紛らわしいものも多いようです。多くの医療機関では、医薬品情報を担当する部局からリストアップされ、情報提供が行われているのが典型的となっています。それでもなお、ヒヤリハットが多発しているということを知っておきましょう。
医療ミスに至るほどの状況は、全国的に見てもそれほど多くはありません。現実的には、ミスが起こってしまっている状況があるのが問題です。そして、その実際の投薬の担い手が看護師であったケースが多いのは、豆知識として覚えておく価値があります。その認識がしっかりしていれば、現場で働きはじめてから、医薬品名や有効成分を覚えていく重要性がわかるはずです。
覚える作業は大変なものですが、重要性の認識があれば、覚える原動力になります。働きはじめてからでは覚えるのが辛く感じられてしまうこともあるため、仕事へ就く前に豆知識を認識しておくのが効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です